2015年9月28日月曜日

「の音PRO 竹」を真空管アンプに接続

真空管アンプと「の音PRO」

みなさん、こんにちはARUPaPaです。

昨日、東京インターナショナルオーディオショーに行って来て感化された訳ではありませんが、以前組み立てたエレキットの6BM8真空管ステレオパワーアンプ「TU-870R」に久しぶりに火を入れて、「の音PRO」と「の音PRO 竹」をステレオ接続して鳴らしています。

「の音」シリーズはiOS機器のヘッドフォン出力に接続して使用する為のスピーカーですが、接続コードが特殊なだけで、一般的にパワーアンプに接続して使用するパッシブスピーカーですので、別途コードを用意すればアンプ使って鳴らすことができます。

今回、「の音PRO 竹」を小規模な会場で行う映画の上映会で使用できないかという相談があり、検証用にアンプに接続するコードを制作しました。上映会ではFOATEXの15W+15W出力のデジタルアンプ「AP15d」を使用する予定です。先日、主催者の方に、この組合せで試聴していただいたのですが、十分使えそうだという事でした。

さて、TU-870Rは定格出力2W+2Wとパワーアンプとしては最も小さい部類のものですが、能率の高い「の音」と組合せる事で、デスクトップで鳴らすオーディオシステム、いわゆるニアフィールドリスニングには必要十分の音量で鳴ってくれます。iPhoneのデジタル音源をアナログアンプの代表、真空管アンプで鳴らすと言うのもなかなか趣きがあって良いですよ。




2015年7月2日木曜日

古いiPhoneの活用に「の音PRO 竹」がおすすめです!

iPhone4Sと「の音PRO 竹」

みなさん、こんにちはARUPaPaです。

先日、Willcom時代から使っていたPHSをiPhone6にMNPしました!昨年から070で始まるPHSの番号を携帯にMNP出来るようになったので、通話用に使っていたPHSの番号をiPhone6にMNPして残し、ネット専用で使っていたiPhone4Sの回線を解約。通話代の節約目的で2台持ちしていましたが、今は携帯も通話無料のプランがあるので、1台になって料金も節約できそうです。

みなさんは、iPhoneの機種変更をしたあと、古いiPhoneはどうしていますか?下取りや買取に出すのも良いですが、実質価格が約10万円もするiPhone。最新機種に比べると性能は若干劣るかもしれませんが、超高性能なガジェットを2、3年しか使わないのは勿体ないですよね。

もちろん、回線を解約した古いiPhoneは電話やモバイルデータ通信は使えなくなりますが、Wi-Fi接続環境があれば、ネットに接続出来るので、昨日から始まった音楽聴き放題サービスの「Apple Music」を利用してBGM線用機にするというのはいかがでしょうか。

「の音PRO 竹」があれば、電源やアンプなどの機器が必要ないので、場所を気にせずにBGM環境が構築できます。お仕事やお勉強、趣味やお酒のお伴に是非ご活用ください!




2015年4月22日水曜日

「の音PRO 竹」用キャビネットのセカンドロットNC加工立会

みなさん、こんにちはARUPaPaです。

昨日、「の音PRO 竹」用キャビネットのセカンドロットNC加工立会で磐田市の有限会社武山木工所さんに行ってきました。

まずは動画をご覧ください。動画はスピーカーユニットを取り付けるバッフル面側のパーツの加工をしているところです。竹集成材のブロックが徐々に削られて「の」の形が出来てくる様子をご覧いただけます。

video

NC加工機をオペレーション中の時久さん
「の音PRO 竹」のキャビネットに使用する材料は高知産の孟宗竹を奈良の株式会社竹田木材工業所さんで特注サイズの集成材に加工したブロック状の板材です。この板材からNC加工機で1つ1つ削り出しています。

特注サイズの竹集成材

上側(バッフル側)のパーツ

下側のパーツ

二つを重ねるとキャビネットの形状になります

この後、組立と研磨の工程を経て当社に納品されます。

有限会社武山木工所さんは東名道、遠州豊田スマートICを降りてから茶畑を通って5分ほどの立地です。木工所内にはSHODA製NC加工機3台をはじめ、様々な木工加工設備が整っています。「の音PRO 竹」は小ロット製造ですが、親切に相談に乗っていただき量産をする事ができました。

入口看板

通りからみた木工所

磐田市の茶畑
連休前の多忙な時期にNC加工立会の時間を作っていただきありがとうございました。武山社長はじめスタッフのみなさんに感謝いたします。

「の音PRO 竹」協力工場リンク